下りコーナー(カーブ)の、
不安・苦手意識・曲がりにくさをなくすには・・・ 【その10】

下りコーナーで怖さや不安を感じたり、苦手意識を感じたりするのは、
本来、後輪(リアタイヤ)で曲がるバイクは下り坂ゆえに、
荷重が前輪にかかり、後輪から荷重が抜けているためです。


バイクは構造上、下りではそういうもの ですので、
あなたのせいではありません。

まず、そういうものと、気持ちを楽にしてください。

さて、そのうえで、このマイナス要因をなくす、
もしくは、少なくするには、どうすべきかを考えます。

問題は、後輪に必要な荷重が、前輪に移ってしまっていること。

ですので、普段以上に、後輪(リアタイヤ)に荷重をかけていきます。

まず、下りのコーナーでは、普段より少し後ろに座ります。

この時、両腕が伸びきらないない範囲で。
握りこぶし1つか2つ程度でOK。

たったこれだけでも、体重が後輪にかかりやすくなります。

次に、普段よりコーナーへの進入速度を抑えて、
減速も穏やかにするために、やや早めのブレーキング。


理由は、コーナー後半でアクセルを開けやすくするため。

アクセル(スロットル)を開けることによって、
エンジンの力で、後輪に荷重をかけることができます。


専門的に言うと、後輪にトラクションがかかるためです。

コーナー後半の脱出加速の時間(アクセルオンの時間)を、
長くとれるような走り方を意識してください。


もちろん、慣れないうちは穏やかに。

状況的に後輪の荷重が前輪に移ってしまっていますので、
乗り手の工夫で、後輪に荷重をかけていく操作をすればOK。

かなり走り慣れてくれば、
下り坂ゆえの前輪荷重を利用した曲がり方もありますが、これは別の機会に・・・

とにかく、
下りコーナーは、バイクの構造上、登りや平坦と同じように走れません。

まず、そういうものだと気持ちを楽にしてください。

そのうえで、
乗り手(ライダー)の工夫で、登りや平坦地に近い状態を作ってあげる。

それが、趣味としてバイクを走らせる楽しみの一つ。
スポーツライディングの醍醐味です。

   あなたはもっと上手くなれます

その1 カタチだけのリーンイン(ハングオフ)より「どん」と座った方がよく曲がる
その2 バイクは基本「一輪車」
その3 バイクは後輪(リアタイヤ)で曲がる
その4 コーナーでハンドルに力を入れてはダメな理由は?
その5 前輪(フロントタイヤ)のグリップ感に不安を感じたら・・・
その6 それでも前輪(フロントタイヤ)からスリップダウン(転倒)するのは?
その7 バイクにも軸があります バイクの軸を意識しよう
その8 登りのコーナー(カーブ)が曲がりやすいのは?
その9 下りコーナー(カーブ)が不安・苦手・曲がりにくいのは?
その10 下りコーナー(カーブ)の不安・苦手意識・曲がりにくさをなくすには?
その11 右コーナー(カーブ)に苦手意識を感じるのは?



 ホームへ戻る