カタチだけのリーンイン(ハングオフ)より
「どん」と座った方がよく曲がる 【その1】

コーナリングで身体をインに入れる、お尻をずらしたり、腰を落とす ハングオフ
(ハングオンではなくハングオフが正解です)

より速い速度で曲がったり、より強く曲がるのに、そういう動作をしますが、
実は、見かけよりも複雑で難しいものです。

リーンウイズでもリーンイン(ハングオフ)でも、
大事なことは、後輪に体重を 真上から真下へ しっかりかけること。

慣れないリーンイン(ハングオフ)や、恰好だけのリーンイン(ハングオフ)は、
逆に、後輪への体重が上手くかかっていません(リア荷重が抜けている)。

慣れないうちは、ずらした身体を支えようと、腕に力が入ってしまうので尚更です。
腕に力が入ると、バイクが曲がろうとすること自体も、邪魔をしてしまうのです。

むしろ、どっしりとシートに座って、
体重をバイクに預けてしまった方が上手く曲がれます。


理由は、体重がしっかり後輪に乗っているから。(リア荷重がしっかりかかっている)

どっしりと座ってバイクに体重を預けると、自然と上半身(特に両腕)の力が抜けるので、
バイクが曲がることの邪魔もしません。

このとき、目線は自分の行きたい方向へ。
顔全体をコーナー出口へ向けてくださいね。

   あなたはもっと上手くなれます

その1 カタチだけのリーンイン(ハングオフ)より「どん」と座った方がよく曲がる
その2 バイクは基本「一輪車」
その3 バイクは後輪(リアタイヤ)で曲がる
その4 コーナーでハンドルに力を入れてはダメな理由は・・・
その5 前輪(フロントタイヤ)のグリップ感に不安を感じたら・・・
その6 それでも前輪(フロントタイヤ)からスリップダウン(転倒)するのは?
その7 バイクにも軸があります バイクの軸を意識しよう
その8 登りのコーナー(カーブ)が曲がりやすいのは・・・
その9 下りコーナー(カーブ)が不安・苦手・曲がりにくいのは・・・
その10 下りコーナー(カーブ)の不安・苦手意識・曲がりにくさをなくすには・・・
その11 右コーナー(カーブ)に苦手意識を感じるのは・・・



 ホームへ戻る