エンジョイ・バイク!〜バイクは大人の文化。長く楽しく乗り続けよう!〜

バイクのメッキを錆(サビ)から守るメッキ保護剤

外足荷重は日本語訳の間違い アウトフットホールドの本当の意味

曲がりにくいのは、あなたのせいだけじゃないかも?

いろいろな楽しみ方があるけど、走ることそのものが、楽しい!
とくに、曲がってるときが楽しい! ・・・けど、同時にリスクも認識しておかないと・・・

そんな背景と、曲がることの難しさもあって、過度の緊張から抜け出せなくて、
楽しめる手前で悩むのも、一度は通る道(?)です。

でもね、それ、あなたのせい、だけじゃないかも・・・。
いちばん、難しい状態で、乗ってるのかもしれません。

楽(らく)に曲がれてますか?


    あなたの走りが変わります!

【動画】バイクの発進と停止の基本操作


    あなたはもっと上手くなる!

ライディングの基本



タイヤが温まるまでは気をつけて・・・

たとえ夏と言えども・・・ 冬ならなおさら、

走り始めの、タイヤのウォーミングアップは忘れないでください。

冬ほどは、神経質になることはないのですが、
山間部や高原などで、泊まった朝、

すぐにワインディングを走るときには、ちょっと注意を!

早朝だと、意外に路面が冷えていることもありますので・・・

自分自身のウォーミングアップとして意識していただければいいと思います。


さてこのとき、タイヤを早く温めようと、左右にローリングしがちですが、
これはあまり効果がなく、むしろ危険。

リアタイヤを温めるには、周囲に注意しながら、バイクを傾けず、

高めのギアでアクセルを大きめに開け閉めして、
タイヤを揉みほぐすようにしてください。


こうして、タイヤ内部を温めるようにしたほうが、早く温まります。

アクセルを大きく開けても、あまり加速しないように、
高めのギアを使うのがポイントです。

これでも、リアタイヤには、しっかりトラクションがかかり、
タイヤを押し潰すような力がかかります。

フロントタイヤは、特に後続車に注意しながら、前述のアクセルの開けてから、
次に閉めたときに、ジワ〜と、ブレーキング

こうしてタイヤを揉みほぐします。

タイヤを揉むようにして、内部の温度を上げる。

これが、安全に早く、タイヤを温めるポイントです。

バイクをもっと楽しむために・・・

選んだクルマは、レジアスエース(ハイエース)・スーパーGL・4WD

(2WDと4WDがあって、4WDを選らんだのは、スキーにも行くから・・・)

例えば・・・、数日間の休み。

バイクにも乗りたいけど、バイクに乗らない人とも、どこかへ出かけたい。

そんなときは、クルマにバイクを積んで、出かけよう!(レンタカーという手も・・・)

2台くらい積めるので、バイクに乗る人、2人で出かけてもいい。
オンロードとオフロードを持っていくのもいい。

都市部や高速は、快適に移動。好きな音楽も聴けるし、会話もできる。
(ヘルメットにつける、インカムもあるけど・・・
(高速のタンデムができるようになったから、それも悪くない。)

どこかの、キャンプ場や、ペンションなどをベースに、バイクを楽しむのも、いいですよ。

日帰りだけど、日帰りでないツーリングの毎日。
半日走って、半日遊んだり、のんびりしたり・・・
ツーリングと考えないで、バイクをアシにしてもいいし・・・

雨が降ったら、無理に走らなくてもいい。(もちろん、走ってもいい・・・)

こんな、楽しみ方もいいですよ。

クルマに積んでいくなら、小排気量のトレッキングバイクも、楽しいかも。。。

(いっそのこと、自転車?)